サラリーマンと実印

実印に使われる素材とその特徴について

朱肉と印鑑

実印は印鑑の中でも、最も重要な書類に判を押す際に使用される印鑑です。自分が気に入った印鑑を自治体で印鑑登録の手続きを行えば、実印として使用することができます。実印に対して特にこだわりがないという人もいれば、最も重要な書類に使用するものなのだから、多少お値段が高くなってもしっかりこだわりたいという人もいるでしょう。今回は実印によく用いられる材質を二つ紹介します。
[象牙]
象牙の実印を愛用している人は多いです。象牙は耐久性にとても優れています。実印は一度印鑑登録をすると、なかなか変更することはないですよね。そのため、壊れにくい材質が選ばれるのです。
[チタン]
金属であるチタンも実印の素材としてとても人気があります。チタンも象牙同様耐久性に優れているので、実印として選ぶ人が多いです。金属と聞くと、長い時間が経てば錆びてしまうのではと思ってしまいますが、チタンは錆びにくいという特徴があるのでその点は問題ありません。
簡単に実印によく使われる材質を二つ紹介しました。この他にも、実印には様々な種類の材質があります。実印は一生の付き合いになるかもしれない大切な物です。しっかりとこだわって実印を作ってみてはいかがでしょうか。